◆日雇いの補足

FFです。

蒸しますね!!

 

日雇いについての補足になりまさが、仕事之スケジュールにつあては、過本的に直近になります。

翌日とか翌々日とかです。当然、同じ現場ではないです。

依頼によっては、続けてというのもありますが原則、一回だけです。

ただ、現場は違うなですが、同じ業者からの依頼は頻発しますから、依頼の業者の知った顔というのはあります。

当然、同じ業者なので作業内容も変わりません。場所が違うだけとなります。

 

また、仕事があってもデキると伝えても、人選されるとは限らない不安定さはあります。

その点は、日雇い系の性ですね。

 

ではでは、また。。。

◆登録制の日雇い仕事の考察

FFです。

暑かったり肌寒かったりな日々が続きますね。梅雨の気配が漂ってきているのでしょう。

 

さて、バイトを渡り歩いて来て、コンビニや警備業、ホテルのフロントと清掃などを経験しての心象を語ってきました。

ホテルフロントは、某大手ビジネス系の夜勤で、主に社員の夜間仮眠時間をフォローしつつ、清掃などをする内容でした。

ただ、このホテル系の予約システム、古いものを改修しながらの直感的かつ可能的ではないのがネックで、かなり苦戦する代物、序でに支配人と超古株バイトの意見の相違に振り回されるやら一貫性がなか、類振り回される結果に、続けること困難と判断してバイバイしました。

 

やっぱり現場の人が一番影響があるのだと感じました。人間関係は、以外に大きいファクターであるというのが一つの結論です。

 

巷では、登録制の業者の求人が多く見受けられます。

この登録制、要するに一過性の現場で日毎に仕事をするもので、各現場で之人手不足をかのような登録制の業者から人材派遣をしてもらって、その場をしのぐニーズに合致したものです。

 

定着しない、こないバイトの人手不足を依頼その時だけ補う利用方なのです。

意外に作業は多く発生しています。日にちと時間、場所的に可能なら申告して仕事にありつけるのてみすが、当然、各現場は定員があらので、先着順になってしまいます。

 

各現場は、仕事をする上での事前条件が違いますなで、その条件を満たさないと仕事はできません。

例えば、ピアス、過度の髪着色、年齢などが条件に上がります。

ユニフォームがあらところもありまさが、作業着的なものは持参です。あと、高機能軍手とカッターは必須です。

 

日当ではなく、時給で平均1000円な交通費、夜間帯は、1200円ほどで現場によって別手当もあります。

早めに仕事が終わっても予定していた時間枠のバイト料は出ます。

 

自分の経験では、夜から翌朝までの作業で入りましたが、作業が予定より早く完了したので、終電までに終わりましたが、予定していた時間の料金はいただきました。

この点は、どこの業者も同じようです。もし、きっちりなところでしたら、他の業者に変えることをお勧めします。

 

仕事の実際は、まぁ日雇いなので物資の運搬や撤去が主になります。

台車で物を運ぶのでそれほど力仕事でもないこかもしれません。

現場にもよりますが、いっても物資が届かず数時間待つなんてケースもあります。

 

そんな感じの仕事が登録制の日雇い型バイトです。業者によっては履歴書不要もありますし、その日に現金でバイト料が手渡されるところもあります。

その点は、事前にしっかりと確認しておくとよいと思います。

 

さて、今回はこれで閉めます。

次回は、この登録制で出向いた仕事を一つ取り上げてみたいと思います。

仕事の内容は、昨年のAKBの握手会会場の設営です。横浜まで出向いての夜勤仕事になりました。

 

ではでは。

 

 

 

 

◆さても警備業は!

FFです。

いい天気の東京地方です。

 

真に警備業をやった結果からの印象では、ないのですがその入り口、傾向は感じ取れたのではと思います。

きっと、また、違った側面も多くあるとは思いますが、続けるに当たっての判断ができたといえます。

 

私的に魅力を感じることには至りませんでした。

何より出向いた現場、勘違いした若造が幅を聞かせていることしばし、警備内容以前にこんな奴が警備をしているのかと幻滅するは、こんな奴とは現場一緒にゴメンだとしっかり感じてしまったのも事実です。

 

本気でやるなら一号でも二号でも資格はとりたいですね!

ただ、自分はもうエンドにしました。

 

一号二号あたりでしたら取り立てたスキルは不要なので、難しいことはできないならば誰でもできるのではと感じました。

その、一つの結果が高齢者が多く之現場で活躍している現実があるわけです。

 

そうそう、また、とてつもない爺さんの警備員に遭遇、それにアジア系の外人警備員にもね。

それが今の警備業の現実かもしれないと実感しました。

歳をとっていもかなり、確実に仕事ができるのは確かです。その点は、良いのかもしれません。

 

※警備会社からの電話は憂鬱、行く現場が遠方だと気が滅入る、現場にどんな奴がいるか不安だ。

これが心象だね。

 

これで締めくくりたいと思います。

◆いざ、警備をしてみた、が。

FFです。

近々は、日中は気温も高く初夏を思わせますね。

また、どこで気温が落ちるやら、の、警戒をしつつ体調管理には注意をしたいところです。

 

法定の講習も受け、最終日に装備品を受け取り実際の業務を待つばかりとなりました。

当然、これはサイドワーク、いつでもどこでも可能なわけではないのてみ、可能な日を一週間から十日程度を申告、または予定表に記載しました。

 

条件のあう現場がいれば警備をする事になります。

さて、年齢層はやはり高いのは実感です。それと特別スキルは必要なく、正に体が丈夫ならOKというのが本音です。

 

最近は、工事現場や施設は当たり前ですが、鉄道や駅にも多く警備員を配置するのが増加傾向です。

駅ホームでのトラブルや事故が多くなった背景もいるのでしょうね。

それと、駅員だけでは手が回らない、どこでも人不足も影響しているのかもしれません。

 

余談になりますが、日当で人材を手配する会社が多くありみすが、それも人材不足の現場をそのときだけ増員するため手配するニーズが急増していたりします。

私もいくつか登録していて、毎日、仕事が発生しています。この仕事は、現場現場で内容も場所も違うので遠方もあったりします。

ただ、早めにお金はいただける即効性は高かいんですね。

 

おっと、本題に戻ります!

施設警備なので、その関係で早々に駅の警備、ホームにたって降車乗車客の監視誘導です。

某駅に時間に上番(じょうばん)し、兼務に入る前に連絡する流れ、因みに仕事が終わると下番(かばん)しました連絡を入れる。どうもこれが業界ルールらしい。事務所は、24時間待機なので昼夜を問わず連絡を取れる。

いつでも手配や勤務の調整をリアルタイムでやっていたりです。

 

電話で捕まえて、どこどこにいついってほしいと、全て電話連絡のみで行います。

旧態依然の形態で今時のスマホとかの利用はないです。

 

警備の最初は、駅ホームとなったワケです。

今回のホーム警備、目的としては身障者保護が基本的なことになるので、その他は付随して実施するものになります。なので、身障者がいたばあい見守り必要な場合二、補助することが主になります。

因みに勤務時間は、夜の8時か、翌朝まででザックリ12時間、休憩4.5時間でした。駅なので終電から始発までが駅閉鎖なので警備はできないので休憩というか仮眠です。日当で一万程です。

拘束時間が長い割で考えると安いが、実働で考えればマズマズなのかなぁと思う。

 

ただ、数時間、駅ホームで立ち続ける、ホームを徘徊するを繰り返す。

電車が出入りする度に、運転手や車掌に会釈を繰り返します。駅ホーム警備では基本的な動作らしいです。

ホームに立っていると、行き先なのを聞かれたりもあります。夜が遅くなってくると酔っぱらいも出てきます。おとなしい奴ならああが、絡む奴は面倒だ!

 

交通誘導とは違って、トイレなどにはことをかかない。いつでも離れていけるのが今回の現場でした。

あと、回送になる電車から客を引き吊りおろすことや終電車に叩き込む仕事もあったりする。

駅の警備は、いってしまえばこんなところです。

あっ、ゴミ箱やトイレを見て回るのもありましたね。

警戒業務ですね。

 

と、こんな、感じです。

駅によって警備員は、実施する業務に差があります。車椅子の乗車降車や駅内の工事場の監視、お客の誘導などです。 

そうそう、近年、登場したのが鉄道監視員です。コレは路線工事や保守作業時に電車の往来を監査し、作業者に警告する仕事です。

意外に、作業者が電車に接触することが多くなってニーズが出てきたようです。

どうも専用に資格もあるとか、ただ、まずは30時間の法定は基本的にあります。

 

以上な感じです。

次は、まとめ二したいと思います。

 

 

 

 

 

 

◆法定講習の補足

FFです。

雨、やみませんね!

 

講習内容の補足を少しだけ。。。

自分が関わった警備会社は、ひたすら30時間も警備業法に関する、また、警備の実際に関するものを見せまくってました。

一応、手元にはテキストは配られたのですが。

あっ、少しだけテキストの数ページは解説した記憶がありましたが、98パーセントはビデオでした。

 

さて、警備会社次第ですが、講習内容も実技を伴ったり、敬礼や号令、声を出すなどしたりもあるようです。要するに法定講習とはいっても、我流なのです。

話によれば、その講習中に嫌気がさしてgood-byeもあるようです。

もしかすると、一昔前の軍隊的なのもあるのかもしれません。

 

どんな内容の30時間なのかは先々でかわりますが、警備業を営もうと考えているなら乗り越えていってくださいね。

かなり、変わったのもあるらしいし。。。

 

警備員は、警察的な業務や権限があるとは絶対に思わないてくださいね。

大バカな奴は錯覚して、警察にでもなった気になって横柄な態度をとるやつがいる。

はっきいって、警備員は、普通の人と何ら権限の差はないということを、覚えておいてください。

 

本当に勘違いきわまりない奴がいて、一般の人より権限があるかのごとく、威圧的な態度や言葉を使うのよね。

我々と全く変わらないのに、警察のような制服を着てしまうことで錯覚してるのよ(色は紺ではなく青が多いけど)。

 

一例を挙げれば、警察官の誘導で車の事故を起こせば、誘導した警察官の責任が招じるが、警備の交通誘導員が関わった場合、何の権限もなあ警備員なので、自己責任になるんです。

警察官の誘導は信号機より優先され、警備員の誘導は信号機以下、我々と同じなんですね。

 

ここは、ボイントなので理解してください。

 

ではでは、またね!

 

◆研修は眠さとの戦い

FFです。

なんかポツポツと雨が降ってきたぞ!

 

土日に講習があるとのことで、ここでやってみようと思った。

いざ、研修のスタート、のっけからビチオ三昧で始まり、1ヶ月かかて土日で30時間、飛び飛びの土日を利用して4日間で研修を終える。

 

因みに研修中は、貸し与えられた制服を常時着用です。それから最初に支給のベルト、定番の白いのね。

縦に穴が2つ空いてるタイプてみした。

 

研修前に数々の書類に記入して提出、それから指定の怪しい医者で健康診断を受け、診断書をもらい提出した。なんか、健康診断も形式的って感じで実はないと感じた。

意外に、警備だからお堅いかなと思っていたが背に腹は代えられない人手不足、是が非でも採用が前提かと感じました。

こんなんでいいのか?

 

研修は、支社の一室で教育資格をもつ社員が冒頭に一言でビデオ鑑賞開始となり、特に途中で補足とかもなし。

そもそもビデオは再生したあとは退室してしまい、終わる頃に来て続きのビデオをスタートさせる、その繰り返しでした。

因みに支社といっても、雑居ビルのワンフロアだけです。

 

これが意外に多いスタイルらしい。

支社のね。

 

講習には、他に二人いましたが高齢者ではなく、二十代の若者で施設警備希望でした。

デパートとかの警備を強く希望しているらしかった!

余談になりますが、やはり、土日に講習をしてくれるところは限られているというのが現実みたい。

 

実際の警備の仕事に就くには、絶対に越える必要がある4日間の講習だ、まぁ、日当はでるんだけど、正直、面倒だ!

その後は、半年事に一日の講習が発生し警備の資格を維持することになる。

そらから警備の各号は、公安委員会の資格試験があって取得すると手当てとかも発生したり、警備先の責任者やリーダーをして仕切ることにもなる。

 

試験は数万円はかかるが、天職と考えているなら是非ともトライしてみても良いかも。

自分は、まっぴらごめんですが(苦笑)

 

これで一応之講習が完了することになります。いよいよ警備の仕事となりますが、自分はこの時点で施設の1号なので、その範疇になるわけです。

講習の最後に、施設に必要な制服や備品が貸し与えられたます。消耗品は、もらえるといった感じなので制服や帽子とかが借りになる。

こな服や備品は、警備会社によっては買わされることもあります。よく確認しましょう。

買うパターンの場合は、概ね、最初の講習時の日当から差し引かれたりする。

また、借りるのでも、保証金を取るところもある。

保証金は、返却がされたら返ってくるものらしい。

 

さぁ、これでいよいよ警備業を実際にする事になります。


そして、講習は全てビデオだったので、とにかく睡魔との戦いを余儀なくされました。

序でにいえば、睡魔は同じビデオを見せられて、拍車がかかったのでした。 


その話は、次回へ。

 

ではてみは、また!

 

 

 

◆警備業の区別って!

FFです。

続きですが少しだけ。。。

 

一号~四号ある内容はといえば次の通りです。

 ◎一号

  施設警備

  いわゆる守衛さんってイメージ、あと、目にする

  ところでは、駅のホームにいたりする。

 ◎二号

  雑路整理、交通誘導、イベント会場など。

  よく見かけるので工事現場にいます。

 ◎三号

  貴金属、危険物資の警備など

  イメージが強いのは、現金輸送の人、ATMの

  現金回収してる警備員、意外に重武装だね。

 ◎四号

  警護

  いわゆるSPをイメージすると良いかな!?

と、以上な感じです。

かなりザックリなので、その点はご理解ください。調べるととっても詳しくわかりますので、ご自身で興味があればぐぐってください。

 

我々がするのは一と二号なのですが、法定教育ではどちらをやるのかで、講習内容がかわるのでここは何を希望するかで変わります。

30時間以上かけて両方の講習を受ければ、一応、どちらの警備もできるのですが、その点は警備会社毎に対応がかわるので、一概にはいえないので、要確認です。

 

因みに自分は30時間にプラスして両方可能になりましたが、やっぱりビデオを思い切り見せられて完了になりました。

この警備会社は、こういう対応なんだと結論づけました。なんか実技でもあるのかと最初は思っていましたが、蓋をあけてみればこの結果でした。

講習の日当は、7500円前後だったと思います。実働8時間の休憩1時間という感じです。

 

日当の支払サイクルは、週締めの翌週払いでした。警備会社の多くは週払いが多いようです。ただ、日払いのところもあるようですが。

週締めで自己申告しないといけない場合もあり、面倒な面はあります。警備会社によるので、よく、確認してみてください。

 

 

と、今回はこのへんで。

また、時間ができたら続きで話します。

興味なければ切って捨ててくださいね(笑)